マンション管理会社の利用で負担軽減【ありがたいシステム】

不動産投資をしよう

家族

相続税対策とアパート投資

自宅以外に資産価値の高い不動産を所有している世帯にあっては、相続税対策は悩ましい問題であるといえます。換金や分割が容易な現金や有価証券と異なり、不動産は活用方法を決定してから土地活用の開始または売却を行うまで時間もかかります。相続税対策に有効な土地活用の方法としては、アパート経営という手法があります。アパート建設資金を借り入れで賄うことなどにより、相続税の節税に繋げることができます。アパート経営を成功させるためには、安定した家賃収入を確保することが出来るかが重要なポイントとなります。安定した家賃収入を確保するための方法として、家賃保証サービスを利用するという方法があります。一括借り上げの家賃保証サービスを利用すれば、実際の入居率にかかわらず一定の家賃収入が確保できるというメリットがあります。一方、家賃保証サービスを利用する場合にも注意すべき点があります。長期間にわたっての一括借り上げによる家賃保証を謳っている会社であっても、保証する家賃額については実際の入居率や周辺の家賃相場動向等を踏まえて一定期間ごとに見直す契約となっているケースが少なくないといえます。相続税対策としてのアパート経営の場合、自分の代だけではなく次の世代に経営を引き継ぐことが前提となります。経営を引き継ぐ世代がアパート経営を負担に感じるようであっては意味がないので、アパート経営を開始する前に家族でしっかり話し合っておくことが大切であるといえます。